<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ゆるキャラ* : main : 反省会場 >>
「ライフ」
 
ついに

「ライフ」

見てきたにょーん!◎わーいわーい◎

「ライフ」「ライフ!」騒ぎ続けた数日間・・・

見ーれーたー!やったね!


▼感想を箇条書きで。

・80分という映画にしては短めのドキュメンタリー

・「それぞれに」いのちをつなぐ動物たち

・「つなぐ」というより「それぞれ」が強調されてる感じ

・「ゾウはこうして・・・」→「そのとき一方サルは・・・」みたいな
割とトントンといろんな動物の生態が見れる。

・トントンすぎてそれぞれの繋がりがなく、単調。

・「物語」ではなく「ドキュメンタリー」だということを忘れずに見れば
存分に楽しめます!

4e2a436f443e8.gif

めっちゃたのしめましたーなんかすっきりした!
映像綺麗だし、カメラワークが好きな作品だったー。
編集の仕方も好きー。
幸四郎さんのナレーション味あるー!
カエル可愛かったー***


しかしいかんせん

「物語」ではないため、盛り上がりに欠けます。
そこを考えると
むちゃくちゃ動物好きな人でも
飽きてしまう かも。


「こうなったから」→「こうなる」という展開は
まったくありません。

ただただ、凄い。奇跡を見せられます。


短編をつなげた感じ。
まりんちゃんはそれぞれの奇跡に純粋に驚きながら楽しめました。
ネズミ可愛かったー!
もっと見たかった・・・。80分短い・・。



※疲れているときに観に行くと
寝てしまう恐れがあります。

(例)オーバーワーク等で疲れている人の場合。

最初の30分を見て動物の可愛さに感動する
           ↓
動きの無い動物(植物)の生態に無言になる
           ↓
昆虫の生態映像が続き、まったり意識が飛び始める
           ↓
鳥が狩りをしているあたりで夢見心地になる

         (空白)
           ↓
鳥の求愛ダンスの意義がわからずにふと目を覚まして突然ハシャぐ
           ↓
        (ドリーマー)
           ↓
ミスチル(エンディングテーマ:「蘇生」)が流れ始めて目を覚ます
           ↓
結果:「蘇生した。」というつまらないことを口走り覚醒。




好奇心旺盛で動物が好きでわりかし元気な人にオススメ、「ライフ」。
あと、短いのがいいなって人にもオススメ。
からあげがおいしかったです(ん?)。


あ、「映像」が単純に好きな人にオススメ。
まりんちゃん映像オタク。おーいぇい。おーいえー
CMを本でチェックする女。いぇい。
あー好きだ。好きすき。
あ、あとMAX松浦(ん?)。



昔「オシャレカンケイ」にあゆ(売れ始め)が出てた時
MAX松浦とあゆのプリクラが公開されてたのを思い出した。

あゆ「(デビュー前)なんかぁー、松浦さんとあゆカラオケ行ったらぁー
「この曲歌って」とか言われて歌ってたらぁ
勝手にどんどんキー上げたりしててぇ」


ナンパしながら人材発掘するというMAX松浦の話を思い出した。


力あんな。(笑)




話逸れMAX.


えーと?あと書くべきは・・・・あー、ミスチル。


ミスチルファンは映画館内で歌わないように


するのがポイントです。


まりんちゃんはミスチルが特別好きなわけじゃないですが
(むしろミスチルが好きな人の前で「あたしミスチル嫌いなんだけど」って言ってたな)
好きなドラマの主題歌はことごとくミスチルだなーって思った。
多分、ミスチル世代なんじゃない?うちら。
あたしにとっては背景になりすぎていて「別に」って感じだったのかも。


そんなまりんちゃんがごくまれに、
すごく仲のいい子の前でしか歌わない
ミスチルの曲があります。
すげー古いんだけど
♪drawing.



(私が歌ったあと)
Yちゃん「これ男の人に歌われたら惚れるねー」
私「(え・・・あたしには・・・?)」

と思いながら。あああ。くそっ。


まったく個人的な話だけど
好きな人をえがく/好きな人をかく/好きな人のことを書く
作業というのは
過去になってからじゃないとできない
気がする。


好きな人のことを描こうとしても
全然描けない。
そんな時期もあったなって思い出す曲でもあり


今 この瞬間の自分の中の
のーと を愛おしく思う曲でもあり。


基本的にあたしにとっての過去は
今を超えられない。


過去を塗り替えながらしか生きていけないので
今が「いちばん」なのです。


過去は懐かしむけど
深く愛おしみはしない。


超えられないなら、変えない。
前のがよかったな、という項目はひとつもない。
あたしが選んで、あたしが決めたことだから。
人も、物も。
合わせて自分が成長するように。


私が何かを変えた、ということは
前のものを今のものが超えた、ということ。


そこだけは端的に生きてる。


脱線したなー。
久しぶりに活字で遊んだぁ。
うーん。たのし。
映画好きだなーb9ea2dbe8046ace059abffb91c8e954f.gif(無理矢理戻す)。
: - : 21:44 : comments(0) :









entries.
comments.
categories.
読んだ本と読みたい本
御写真
recommend.
COMMERCIAL PHOTO (コマーシャル・フォト) 2011年 04月号 [雑誌] Jellyfish ヒーリングアート クラゲ [DVD] BEST DVD 衝撃的 映像作品コレクション COMMERCIAL PHOTO (コマーシャル・フォト) 2010年 10月号 [雑誌] 映像作家100人 2009 JAPANESE MOTION GRAPHIC CREATORS 2009 CS Channel(Amazonオリジナル・クリアファイル(B7サイズ)特典付き) [DVD] 双子座 神童 [DVD] バンギャルラヂオシアタァ [DVD] ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 “SCENE” [DVD] 銭ゲバDVD-BOX ASKA CONCERT TOUR 2009 WALK [DVD] kicks 【初回生産限定盤】LIFE ~La conclusion et L'ouverture~(DVD付) tour 2005 ウルトラミラクルラブストーリー [DVD]