<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< アジアンレストランにて : main : おでめとう( 笑) >>
ねむいや
 
あーゴミ捨て忘れた。う。

そうだ。誰だ「箭内道彦 ウザイ」で検索してこのブログにたどり着いたやつ(笑)
面白いなぁ。確かに箭内さんはウザイ。かもしれない。
でも箭内さんの持っているウザさって、生きてく上で大切なウザさだと思うんだ。
なんか。消費者でしかない私から見てるから思うのであって、もっと色々あるんだろうけど。
箭内さんの持ってるウザさって、今の若者に必要かも、とか思う。
うん。すり抜けちゃいけないんだ。

ウザければウザイほど凄い 人っているじゃない。
なんか、あるじゃん一種の、なんかすげーな、ってウザさ。必要なウザさ。
尊いやつ。
うん、それ。あたしにとっての箭内さんのウザさ。
しかも広告なら、ウザくて丁度いいんじゃね?
なんて思うのです。

あ、別に擁護しているワケではなくて。
彼のもつウザさ、私もわかるよって言いたくって。
書いてみました。した。

箭内さんの作品は「箭内さんっぽい」のがない。
前にも書いたな。それがすごいと思ってて。
固定した「箭内イメージ」がない。「箭内さんって、こういう広告つくるよね!(するよね!)」ってのがない。
でも、たまにべったべたな<広告>を作る。
「わかりやすさ」「繰り返し」を使って私たちに届ける。
その基本をしっかりおさえてる感がイイ。エラソーに言うけど。
そういう点もある種のウザさかもしれない。ない。


拙すぎる日本語でお送りしております今夜の人間ブログ。
今日ご紹介するのは、玉裕一さんです。
映像ディレクターさんです。

しゅるん、するする、ほわっ、きゅっ、キラッ
って感じの映像をつくるひと。映像でかわいい!をつくらせたら多分日本一。
彼自身もすごく可愛い人で、以前NHKのトップランナーに出てたときも
そのあふれる無邪気さがパーン!っと炸裂してました。
んで、彼の可愛さは にこーっ! って感じ。
しめりっけのない可愛さがあります。それすごい。

そんな彼の作品の中で一番あたしが「ぎゅっ」ってなっちゃったのがこれ。

サカナクション イティブダンサー











このPVね、まりんちゃんに新しい風吹かせた。
もうびっくりした。ああ、好きだ、と思った。
すごく「ぎゅっ」とした。「はっ」とした。
言葉に表せないものなんてないと思ってたのに
この映像は文章にできないかも、と初めて思った。
感服です。
すごくキラキラしてる。
涼しい夜だ。いとおしい夜だ。


こんな感じで、今日はここまで





: つぶやき : 01:28 : comments(0) :









http://kedama-rin.jugem.jp/trackback/127
entries.
comments.
categories.
読んだ本と読みたい本
御写真
recommend.
COMMERCIAL PHOTO (コマーシャル・フォト) 2011年 04月号 [雑誌] Jellyfish ヒーリングアート クラゲ [DVD] BEST DVD 衝撃的 映像作品コレクション COMMERCIAL PHOTO (コマーシャル・フォト) 2010年 10月号 [雑誌] 映像作家100人 2009 JAPANESE MOTION GRAPHIC CREATORS 2009 CS Channel(Amazonオリジナル・クリアファイル(B7サイズ)特典付き) [DVD] 双子座 神童 [DVD] バンギャルラヂオシアタァ [DVD] ASKA SYMPHONIC CONCERT TOUR 2008 “SCENE” [DVD] 銭ゲバDVD-BOX ASKA CONCERT TOUR 2009 WALK [DVD] kicks 【初回生産限定盤】LIFE ~La conclusion et L'ouverture~(DVD付) tour 2005 ウルトラミラクルラブストーリー [DVD]